a.書類の廃棄


管財人が保管し、または破産者に返還する以外の書類は、事件終了後に廃棄することになります。
管財事件の場合、大量の書類が残されることも多くあります。

事務所でシュレッダーにかけることもありますが、信頼のおける廃棄業者に依頼し、溶解処理をした方が、人件費を考えると安上がりなこともあります。