d.開始通知の発送(許認可庁)


初めての管財事件で許認可が関係する事件はあまりないですが、許認可庁がある場合、債権者宛の通知と同じく、管財人事務所が発送を代行します。

許認可庁も、宛名シールにはなく、発送を忘れがちですので、気をつける必要があります。

許認可庁は、個人の場合は「管財補充報告書」で確認します。
法人の場合は、「報告書(法人用)」です。

裁判所の封筒に切手貼付してからポストに投函することを忘れないようにします。

投函は、裁判所内郵便局である必要はありません。