事務局との役割分担


管財事件では多数の事務作業や関係者とのやりとりが発生します。
管財人と事務局との役割分担は、管財人ごと、事務所ごとに千差万別だといえます。

どのように分担していくかは事件を重ねるごとに徐々に形作っていけばいいでしょう。

もっとも、1件目の管財事件では、管財人本人もできるだけ事務作業をともに行い、どのような事務があるのかを把握するように努めることをお勧めします。

一般的には、事務局の作業は次のようなものがあります。
  • 記録のファイリング
  • 裁判所提出書面のチェック
  • 裁判所への書面提出
  • 郵便物の発送
  • 管財人口座の作成、出金、解約
  • 経理
  • 転送郵便物の開封
  • 定型的な電話対応(債権者からの問い合わせ・業者等)
  • 不動産任意売却時の必要書類チェック
  • 不動産全部事項証明等必要書類の取寄せ