民法改正

中間試案における「債権譲渡と相殺」 -「前に生じた原因」と「同一の契約」の解釈・適用-

弁護士 横瀬大輝金法1990号26頁
民法改正

譲渡制限特約と倒産

弁護士 中原健夫金法1990号17頁
民法改正

中間試案における「譲渡制限特約の効力」と「債権譲渡と相殺」の関連性

弁護士 飯塚孝徳金法1990号6頁
判例

民訴法260条2項の申立後に相手方が破産した場合の本案請求のみの続行命令の許否

最判平成25年7月18日判時2201号48頁NBL1021号70頁金法1989号130頁「民訴法260条2項の裁判を求める申立ての相手方が破産手続開始決定を受けた場合、上記申立てに係る請求権は、破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じ...
会社更生

会社更生をもっぱら組織や事業の再構築のために用いるという空論(上) -会社法の特則でもある会社更生法の一側面

NBL1021号25頁弁護士 濱田芳貴
会社更生

エルピーダ物語 第1回 エルピーダメモリのいわゆるDIP型会社更生手続 -製造業で過去最大の法的事業再生手続を振り返って-

NBL1021号14頁弁護士 小林信明弁護士 渡邉光誠弁護士 鐘ヶ江洋輔弁護士 大川剛平弁護士 宮本聡
会社更生

米国外の法律に基づく会社再建計画を米国で遂行する手段としての米国連邦倒産法第15章 -エルピーダメモリ事件

NBL1020号57頁ニューヨーク州弁護士・ニュージャージー州弁護士 ティモシー・グラウリッチニューヨーク州弁護士・イタリア弁護士 ジョルジオ・ボウ゜ェンジィニューヨーク州弁護士・ニュージャージー州弁護士 ジェームス・I・マクラーミーニュー...
書籍

『民事再生実践マニュアル』4刷に!

『民事再生実践マニュアル』(青林書院)が第4刷になりました! 久しぶりの改訂です。通常再生の申立代理人、監督委員、裁判所の三者皆さんに使っていただける内容となっておりますので、是非ご利用いただきたいと思います。
判例

アドバイザリー契約に基づく詐害的な事業譲渡と破産者に対する損害賠償責任

東京地判平成25年7月24日判例時報2205号23頁破産会社が破産手続の申立前に事業再建会社と事業譲渡等のアドバイザリー契約を締結し、助言を受けて事業を譲渡したが、当該事業譲渡が詐害行為否認と評価される場合、事業再建会社の破産会社に対する損...
書籍

『破産管財BASIC』が発刊されました!

中森亘=野村剛司=落合茂監修、破産管財実務研究会編著『破産管財BASIC—チェックポイントとQ&A—』(民事法研究会)が発刊されました。 近畿+福井の中堅・若手の先生方が頑張りました。 是非、『破産管財実践マニュアル〔第2版〕』と読...
タイトルとURLをコピーしました